あなたの会社におススメな法人用パソコンのタイプは?

事務処理用がメインなら低価格タイプ

オフィスでのパソコンの使われ方は様々です。一般的な会社であれば事務処理用として使うでしょうし、デザイン会社ならデザインをするために、ソフトウェアの開発をする会社なら開発用などに使うでしょう。デザインや開発となるとそれなりのスペックが必要になりますが、事務処理となると最低限の処理能力があれば済みます。できるだけ無駄な機能をそぎ落とし、事務処理が効率化できるよう工夫された法人向けパソコンが合っているかもしれません。事務処理用をメインにするところでは、いかにコストを下げるかも大きなテーマです。デザインや開発だと、パソコンで売り上げの元を作り出すのでそのためのコストがかけられますが、事務処理は直接売り上げを生み出しません。低価格タイプが必要になります。

色々なタイプの社員がいるならBTO対応

商品を仕入れて販売するような会社だと、パソコンの用途は事務的な処理が多くなります。一方洋服を製造販売するような会社だと、事務的な仕事の他にデザインの仕事、製造ラインの管理、社内システムの構築なども必要になるかもしれません。それぞれの社員はパソコンを使って仕事をしますが、同じパソコンだと業務効率が上がらなくなる可能性があります。いろいろなタイプの社員が仕事をしている会社での法人向けパソコンとしては、BTOパソコンがいいでしょう。要望に基づいて、スペックを変更して作ってもらえるパソコンです。事務向けのパソコン、デザイン向けのパソコン、生産管理などを行うパソコンなど用途ごとに依頼をすると、そのスペックで作ってもらえます。