法人向けパソコンの相場はどんなものなのか?

導入方法によって相場も異なる

法人向けパソコンを導入する際の費用相場は、どのような導入方法を取るのかによって異なります。
例えば新規または中古で購入する場合は定価よりは安く購入できるところが多いものの、購入となるので初期費用がかかってしまうところがネックです。ただ初期費用さえ払えばあとは費用が掛からないというメリットもあるので、総合的な相場が安くなっている場合もあります。
それに対してリースやレンタルを利用した場合は、購入するよりも安く導入できるので初期費用をかなり抑えることができる点がメリットとして知られています。デメリットとしては継続して費用を払い続けなければいけない点なので、総合的にかかってくる費用は期間によって高額になる場合も少なくないようです。

法人向けパソコンのそれぞれの費用相場

実際に法人向けパソコンの費用の相場はどの程度なのかというと、新規購入の場合は3万円から15万円程度が一般的です。中古購入の場合が1万円から10万円程度なので比較すると中古購入の方が安いですが、中古の場合はサポートが終了しているOSを取り扱っていたりバージョンが古いものが多い傾向がみられます。このため新規購入した方がグレードとしても高いので、より確実な業務をこなすことができるというメリットがあります。
またリースやレンタルの場合はノートとデスクトップで違いがあるものの、リースは1台でおよそ4千円から5千円となっているのに対してレンタルの場合は5千円から3万円と幅広いです。このためリースの方が安価で利用できるというメリットがあり、利用する企業が増えています。