画面やキーボードなどの、ハードウェア面での違い

法人向けと一般向け、ハードウェア面での違いはある?

インストールされているアプリケーションの数や保証、そして価格の面で、差別化されることの多い法人向けパソコンですが、それではハードウェアの点では明確な違いがあるのでしょうか? よく言われるように、耐久性に関しては法人向けパソコンは高めに設計しており、メーカーもそのことを売りとしていることが多いです。また、故障の際の部品の交換や修理のしやすさにおいて、違いがあることもあるようです。 しかし、実際の使用に関していえば、ほとんどの場合、はっきりとした違いは見つけにくいものです。 現在の平均的なスペックのパソコンであれば、ハードウェアの面で法人用だからできる、できないというのは見つかりにくくなっているのが実情でしょう。

画面はノングレアが主流。キーボードは?

あえて違いをあげるとすれば、使用シーンの違いによる画面の見やすさでしょう。
用途にもよりますが、一般向けパソコンでは写真や動画を見るユーザーも多いため、それに適した画面作りをしています。
一方、ビジネス用途の法人向けパソコンでは、テキストや表を見る場面が多くなるため、一般向けパソコンとは違う画面作りをしているのです。
具体的には画面に光沢がなく、映り込みの少ないノングレア(アンチグレア)が採用されていることが、法人向けでは多いようです。
キーボードに関しては、法人向けパソコンは一般的な配列の日本語キーボードが基本となりますので、ここは一般向けパソコンの方が選択の余地が多いといえますが、どちらかといえばマニアックな視点です。